【ストナン】なぜ40代ブサメンオヤジでもナンパに成功するのか?

ストリートナンパ攻略

とぅーす!

ストナンの【鬼】こと、ふりーまんです!

 

「出会いがまったくないし、マッチングアプリでは、なかなか若くて可愛い子とマッチングしない。

あとはストリートナンパくらいしかないが、自分はもう40代のおっさんだし、無理だよな…。」

 

「昔はナンパしてたんだけど、もう10年くらいやってない…。

またやりたい気持ちもあるけれど、若かった頃はともかく、おっさんがナンパしたところで、おばさんくらいしか相手にしてくれないよな…。」

 

そんな風に思って、ストリートナンパを諦めてしまっている人は多いはず。

かくいう自分も、30代後半で、数年ぶりに女子獲得活動を再開したときは、そう感じていた。

 

「壁は自分自身だ」

 

これは岡本太郎の言葉だが、当時の自分がまさにそれだった。

そのときは、ストリートナンパは無理と思い込み、ある人に教わってネトナン(マッチングアプリ)を始めた。

だが、それもうまくいかず、紆余曲折を経て、ストナンに戻ってきた。

そして、実際にやってみると、アラフォーのオッサンでもまったく問題なく行けるじゃないか…。

まさに「壁は自分自身」。

 

私のような低身長のブサメンオヤジでも、若い美女を抱くことはできるし、私以外にも40代、50代のストナンのプレイヤーは結構いる。

今日は、なぜ40代やそれ以上の年齢でも、若い美女を抱けるのか、その理由を説明したい。

 

 

40代、50代のおっさんでも、ストナンで若い美女を抱ける3つの理由

 

① 可愛い子ほど、男の容姿にこだわっていない

 

大半の男は、女性を容姿で判断するが、幸いなことに、女子は男ほど相手の見た目にはこだわらない生き物だ。

もちろん、ジャニーズ好きとか、イケメンじゃなきゃダメだ、という女もいるが、残念ながら、こういうのはほとんどがブ◯い子だ。

可愛い子ほど、相手の男の容姿にこだわらない傾向が強い。

これはちょっとナンパをやったことのある男なら、皆同意するだろう。

 

もちろん、不潔な身なりでもよい、とか、無茶苦茶なことは言わない。

おっさんになればなるほど、清潔感には気をつけなければいけないが、そこさえクリアすれば、ブサメンでも低身長でも、戦いの土俵に立てる。

 

② 女子は年上の男が好き

 

これもよく聞く話だが、決して都市伝説でもなんでもなく、厳然たる事実だ。

年上と言っても、よくて一回り上くらいじゃないの?と思う人もいるだろうが、世の中には、男が二回りくらい上のカップルも山ほどいる。

自分は女子の年齢にはこだわらない方なので、下は20半ば、上は30前後まで幅広く狙っている。

でも知り合いのナンパ師やネトナン師には、本人はアラフォーやそれ以上の年齢なのに、20代前半しか相手にしない、と公言して、実際にそのくらいの年齢の子ばかり落としている奴が何人もいる。

 

女子はなぜ年上の男が好きか、その理由はいろいろあるが、一言で言えば、女子は男に頼りたい生き物だからだ。

だから頼りがいのある年上の男が好まれるわけだ。

 

おっさんになると、若い奴とは違うものを求められるが、それさえ抑えておけば、年齢自体はほとんどハンデにはならない。

年齢を理由にナンパに踏み出せないのは、まさに「壁は自分自身」というやつだ。

 

③ ナンパなら圧倒的に出会いを増やせる

 

これは40代、50代のおっさんに限った話ではないが、抱ける女の数(数は量に転化するので、質を含む)は、以下の式で表すことができる。

 

落とせる女子の人数(及び質)=狙った女子を落とせる率(性交成功率)×出会いの回数

 

要するに、女子を抱きたかったら、性交成功率(…以下、成功率)を上げるか、出会いを増やすしかない。

生まれながらのイケメンは成功率が、我々ブサメンより高いので、何の苦労もいらないが、ブサメンはモテるための努力なくして、成功率は上がらないし、良い女を抱くこともできない。

 

そして、重要なのは「成功率を高めるためにも、出会いを増やさなければならない」ということ

 

なぜなら、女子を落とすことや恋愛は、学校の勉強ではないので、いくら恋愛指南本やモテ本を読んでも、実際にいろんな女子と関わることなしに、落とせる確率を上げることはできないからだ。

また、どんなイケメンでも、狙った女を100%落とせるわけではない。

(例えば古いのかもしれんが)あのキムタクでさえ、格好つけてるから嫌だとか、好みの顔じゃない、とか宣う(のたまう)女子がいるくらいだ。

それに、キムタクですら、家に引きこもっているだけで出会いがなければ、女を落とすことはできない。

 

結局「落とせる女子の人数(及び質)=狙った女子を落とせる率(性交成功率)×出会いの回数」ではあるが、女子を落とす力を上げるためには、いろんな女子と出会って、落とす練習をしなければならない。そういう意味で、出会いの回数を増やすことが、モテの土台にある。

そして、出会いを増やすのに最適な手段がストナン(ストリートナンパ)だ。

 

もちろん、この記事を読んでいる人の中には、数は求めておらず、気に入った一人の子を彼女や嫁さんにできたら良い、という人もいるだろう。

その場合でも、出会いを増やさずに、好みの子を捕まえようとするのは、神頼み・運頼みだし、たとえ好みの子と出会っても、確実にその子をモノにする技術や魅力がなければ、他の男にとられて終わりだ。

 

だからこそ、もともと高身長のイケメンで、放っておいても女が寄ってくる男以外は、とにかく出会いの回数を増やすことなしに、たくさんの女子を抱くことはおろか、たった一人の好みの女子を捕まえることすらおぼつかない。

まず、それを十分に理解して欲しい。

 

 

まとめ

 

今日は、なぜ40代、50代のブサメンオヤジでも、ストナンで若い美女を抱けるのか、その理由を説明した。

信じられない人もいるかもしれないが、私や私の知り合いだけでなく、40代、50代のナンパ師もたくさんいる。

ここで、個別に紹介はしないが、中にはブログを書いている人もいるので、検索してみると良い。

 

「壁は自分自身」

若い女を抱きたいと思いながら諦めて一人悶々としているのは時間の無駄でしかない。

この記事が、あなたの背中をちょっとでも押すのに役立てば、幸いである。

 

 

 

【無料メルマガ】では、年齢45歳・身長160cm、元非モテ&草食系でブサメンのおっさんが、ストナンやネトナンで、なぜか若い美女を捕まえて抱きまくっている秘訣を、こっそりと伝授します。今すぐ、こちらからご登録ください!(約3秒で登録可能)

 


コメント