【ナンパ実録】地蔵脱出講習 アラフォーコンビでナンパ&連れ出し

      2017/12/30


今日の講習生は、アラフォーのAさん。真面目そうな雰囲気の方。

ナンパは未経験だが、以前より興味があったということで、お申込みいただく。

普段は出会い系や結婚相談所みたいなところでの活動をメインとしているとのこと。

 

さて、今回も、有楽町で講習を行った。

銀座・有楽町エリアでナンパをしている人は、新宿や渋谷など、ナンパの聖地に比べて少ないようだ。

だが、新宿や渋谷に比べると、怪しげなキャッチや他のナンパ師などに声をかけられることも少なく、スレていない女性が多いので、ほんの少しだけ初心者向きだ。

問題は、近くにラブホテルがないので、今日は最後まで行くぞ!というときは使えない。

どうしても、という場合は、すぐ近くの新橋にレンタルルームがたくさんあり、そこではそういう「いかがわしい行為」ができるらしい。
(自分は使ったことがないので、詳しいことは知らないが、知り合いのナンパ師は使っているようだ。)

 

さて、まずAさんに、声のかけ方やナンパに際してのマインド(というのもちょっと大げさだが)を説明。

私が見本を見せてから、実際に声をかけてもらう。

いくら地蔵だなんだといっても、こんな感じでやってもらうと、声をかけられない、という人は今までゼロだ。

人間、己を律する必要があるため、自分で自分を動かすのは大変だが、人から強制されると意外に動けるものだ。

 

さて、Aさん、初めてのナンパということで、緊張もあってか、ちょっと?かなり?テンションが低い(笑)

声をかけるとき、テンションが高ければ良いわけではないが、低すぎると「暗い人」認定されてしまうので要注意!

別の記事でも書いたが、基本は相手のテンションを推測して、そのテンションよりちょっと高めで声を掛けるのが良い。

もともとテンションが低めの人は、酒でも飲んで、自分の心のエンジンに火をつけるようにしよう。

 

Aさん、その後はテンション低めながらも、意外にもガンガン突撃できていたが、連れ出しなどはちょっと難しそうな雰囲気だったので、いつもと違って今日はコリドーに移動。

コンビで二人組に声をかけ、反応が得られることを、実際に体験してもらおうと思った。

もちろん二人組でも、ほとんど反応してくれない子もいる。

でも、コリドー辺りだと、女子の方も多少は酒が入っていることが多く、ガンシカ的な感じは少ない。

いきなりのコンビだったので、Aさんはちょっとどんな風にやればいいのか困っている感じだったが、そこは私がメインで突撃し、フォローした。

 

相手は一人だったが、4,5組目くらいで連れ出しに成功。

その子の希望もあり、近くのHUBへ移動した。

普通の感じの子だったが、25歳くらいと若いので良しとする(笑)

何を話したかは忘れてしまったが、2対1だし、その子は彼氏持ちだったので「今度合コンでもしよう」と言って連絡先を交換し、軽く飲んで解散した。

 

こんな感じで講習やってます( ›´ω`‹ )

ご興味ある方は、こちらの記事をご覧ください。

 


 - お地蔵さん向けナンパ講習, ナンパ実録